NIES Lidar Team Japanese Publication List


国立環境研究所の出版物については[こちら]
index
2015 2014 2013 2012 2011 2010
2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000
1999 1998 1997 1996 1995 1994 1993 1992 1991 1990
1989 1988 1987 1986 1985 1984 1983 1982 1981 1980
1979 1978
英文の論文等は [こちら]
[Homeへ]

(*印の論文は別刷(あるいはコピー)有ります。)
[2015] [<][^][>]
杉本伸夫、衛星搭載ライダーの動向、光アライアンス、26 (2) 1-3 (2015)

[2014] [<][^][>]
杉本伸夫、西澤智明、松 井一郎、清水 厚、日暮明子、地上ライダーおよび放射計ネットワークによる EatthCARE搭 載 ATLIDの 検証手法の開発、Journal of The Remote Sensing Society of Japan, 34(4) 286-292 (2014).*

杉本 伸夫、西澤 智明、清水 厚、松井 一郎、エアロゾルライダー :データ品質保証と観測の整合性の確保. Earozoru Kenkyu 29(3) 166-173 (2014).*

杉本伸夫、西澤智明、財前祐二、清水 厚、松井一郎、五十嵐康人、ライダーおよび地上モニタリングネットワークによるエアロゾル動態解明. Earozoru Kenkyu 29(S1) 72-81 (2014).*

杉本伸夫 (2014) 資料 (関東支部講演会講演要旨の抄録) 近年の発生源の特徴. 大気環境学会誌 49(1) A13-A14.

[2013] [<][^][>]
杉本伸夫 (2013) 東アジアのエアロゾルの輸送と広域分布の解明ーライダーネットワークによるアプローチ. クリーンテクノロジー 2013.12.

西澤智明、杉本伸夫、松 井一郎、清水 厚、岡本 創 (2013) EarthCARE衛星搭載ライダーデータを用いたエアロゾル種推定アルゴリズムの開発. 日本リモートセンシング学会誌 33 (5) 367-376.

鵜野伊津志、弓本桂也、原 由香里、板橋秀一、金谷有剛、杉本伸夫、大原利眞 (2013) 何故2013年冬季の中国でPM2.5が高濃度になったか?. 大気環境学会誌 48(6) 274-280.

[2012] [<][^][>]
兼保直樹、杉本伸夫、清水厚、山本重一、河本和明 (2012) ライダー観測によるダストの推定と地上観測によるエアロゾル質量濃度の比較、大気環境学会誌 47 (6) 285-291.

原 由香里、鵜野 伊津志、清水 厚、杉本 伸夫、松井 一郎、大原 利眞、Zifa Wang、Soonchang Yoon (2012) 東アジアにおける人為起源エアロゾルによる光学的厚さの近年のトレンドの解析、天気 59 (8) 701-707.*

杉本伸夫 (2012) ライダーネットワークによる黄砂と越境大気汚染エアロゾルのモニタリング、EICA 16 (4) 2-5.*

弓場 彬江、定永 靖宗、高見 昭憲、清水 厚、松井 一郎、杉本 伸夫、畠山 史郎、竹中 規訓、坂東 博 (2012) 清浄地域におけるガス状硝酸の日内変動要因解析、大気環境学会誌 47 (1) 26-32.*

[2011] [<][^][>]
杉本伸夫 (2011) ライダーによる環境計測. 分光研究, 60 (4), 123-129.

内野修、酒井哲、永井智広、中里真久、森野勇、横田達也、松永恒雄、杉本伸夫、新井康平、奥村浩 (2011) GOSATプロダクト検証用可搬型ライダーの開発. 日本リモートセンシング学会誌, 31 (4), 435-445.*

杉本伸夫 (2011) 偏光ライダーネットワークによる黄砂と大気汚染エアロゾルのモニタリング. レーザー研究, 39 (8), 579-584.*

杉本伸夫、兼保直樹、畠山史郎、早川和一、定永靖宗、向井苑生、内田昌男 (2011) 東アジアのエアロゾル・大気汚染物質の輸送と広域分布の解明. エアロゾル研究, 26 (2), 115-119.*

[2010] [<][^][>]
杉本伸夫 (2010) レーザーレーダー手法による二酸化炭素の遠隔計測. EICA, 15 (1), 12-15.*

[2009] [<][^][>]
西澤智明, 杉本伸夫 (2009) 能動型測器「ライダー」を用いたエアロゾルの観測研究. エアロゾル研究, 24 (4), 242-249.*

杉本伸夫 (2009) 4.3.7 ライダーネットワーク観測. 岩坂泰信,西川雅高,山田丸 他編, 黄砂, 古今書院, 144-155.

杉本伸夫 (2009) ライダー研究30年. 大気環境学会誌, 44 (6), 367.

杉本伸夫(2009)ライダー.「光科学研究の最前線2」(強光子場科学研究懇談会).

板橋秀一, 弓本桂也, 鵜野伊津志, 大原利眞, 黒川純一, 清水厚, 山本重一, 大石興弘, 岩本眞二 (2009) 2007年春季に発生した東アジア域スケールの広域的越境汚染の化学輸送モデルCMAQによる解析. 大気環境学会誌, 44 (4), 175-185.

溝口俊明, 川崎清人, 清水厚, 佐竹洋 (2009) 富山県における乾性沈着調査とライダーを用いた高SPM時の解析. 大気環境学会誌, 44 (3), 155-165.

清水厚 (2009) ライダーネットワークによる黄砂の3次元構造と輸送状態の把握. グローバルネット, (221), 22-23.

[2008] [<][^][>]
杉本伸夫, 岡本創 (2008) アクティブセンシングで見るエアロゾルと雲. 気象研究ノート, 218, 95-109.

杉本伸夫 (2008) 大気汚染指数APIから見た中国の大気環境の変化. 大気環境学会誌, 43 (5), 295-300.*

鵜野伊津志, 弓本桂也, 杉本伸夫, 清水厚 (2008) 随伴モデリングを用いた東アジア域のダストの発生・輸送の逆推定. 大気環境学会誌, 43 (4), 191-197.*

早崎将光, 大原利眞, 黒川純一, 鵜野伊津志, 清水厚 (2008) 2007年5月8-9日に発生した広域的な光化学オゾン汚染:観測データ解析. 大気環境学会誌, 43 (4), 225-237.

大原利眞, 鵜野伊津志, 黒川純一, 早崎将光, 清水厚 (2008) 2007年5月8,9日に発生した広域的な光化学オゾン汚染-オーバービュー-. 大気環境学会誌, 43 (4), 198-208.

[2007] [<][^][>]
西川雅高, 杉本伸夫 (2007) 黄砂観測手法と環境科学的ふるまい. 環境技術, 36 (4), 240-243.

杉本伸夫 (2007) 2.1.4 d.黄砂. 実験化学講座 20-2 環境化学(第5版)(日本化学会編,丸善,519p.), 77-79.

杉本伸夫 (2007) 4.3 ライダーによる空間分布の観測. エアロゾルの大気環境影響(笠原三紀夫,東野達編,京都大学学術出版会,361p.), 152-172.

杉本伸夫 (2007) ライダー. 天気, 54 (7), 15-18.

[2006] [<][^][>]
高見昭憲, 今井孝典, 清水厚, 松井一郎, 杉本伸夫, 畠山史郎 (2006) 沖縄辺戸で観測された人為起源エアロゾルと黄砂の輸送. エアロゾル研究, 21 (4), 341-347.*

[2005] [<][^][>]
杉本伸夫, 岡本創, 佐竹晋輔, 松井一郎, 清水厚, 鵜野伊津志, 藤吉康志, 鳥山成一, 董旭輝 (2005) ライダーが捉えた2005年4月30日の仙台の黄砂現象. 天気, 52 (11), 3-4.*

鳥山成一, 山崎敬久, 近藤隆之, 水畑剛, 奥村秀一, 水上昭弘, 神保高之, 木戸瑞佳, 日吉真一郎, 溝口俊明, 杉本伸夫, 松井一郎, 清水厚 (2005) ライダーを使った立山山岳地域,富山平野におけるオキシダントおよび黄砂の高濃度測定事例. 環境化学, 15 (2), 269-285.*

小林喬郎, 杉本伸夫, 久世宏明 (2005) 漏洩ガスのレーザーリモートセンシング技術. レーザー研究, 33 (5), 295-299.

兼保直樹, 鈴木基雄, 杉本伸夫, 松井一郎, 清水厚 (2005) 梅雨期の広域的なSPM高濃度出現をもたらす気象的要因-1997年7月の事例解析-. エアロゾル研究, 20 (4), 313-322.*

杉本伸夫 (2005) ライダーの各種方式. レーザー学会編, レーザーハンドブック, オーム社, 619-621.

杉本伸夫 (2005) レーザーレーダー. 「光科学研究の最前線」編集委員会編, 光科学研究の最前線, 強光子場科学研究懇談会, 152-153.

中根英昭 (2005) オゾンホールと成層圏化学研究の進展. パリティ, 20 (11), 6-8.

[2004] [<][^][>]
杉本伸夫, 松井一郎, 清水厚, 岡本創, 西澤智明, 亀井秋秀, 黒岩博司, 熊谷博 (2004) 「みらい」ACE-Asia航海(MR01-K02)におけるエアロゾルと雲のライダー観測. エアロゾル研究, 19 (2), 97-102.*

三浦和彦, 児島紘, 加藤俊吾, 杉本伸夫, 松井一郎, 清水厚, 鵜野伊津志, 新村典子, 植松光夫 (2004) 「みらい」航海におけるエアロゾルの物理的特性. エアロゾル研究, 19 (2), 108-116.*

杉本伸夫 (2004) ライダー計測. 日本エアロゾル学会編著, エアロゾル用語集, 京都大学学術出版会, 94-95.

杉本伸夫, 長澤親生, 村山利幸, 水谷耕平, 椎名達雄, 久世宏明 (2004) 第22回レーザレーダ国際会議報告. O plus E, 26 (10), 1177-1181.*

中根英昭 (2004) オゾン層の現状とオゾン層研究. 科学技術動向, (43), 21-31.

[2003] [<][^][>]
鵜野伊津志, 天野宏欣, 木下紀正, 荒生公雄, 村山利幸, 松井一郎, 杉本伸夫 (2003) 地域気象モデルと結合した黄砂輸送モデルの開発と1998年4月の黄砂シミュレーション. 天気, 50 (1), 17-29.

三浦和彦, 児島紘, 加藤俊吾, 新村典子, 杉本伸夫, 鵜野伊津志, 植松光夫 (2003) 観測船「みらい」で測定した海洋大気エアロゾルの物理,化学特性. 海洋, 36 (2), 154-158.*

[2002] [<][^][>]
杉本伸夫, 清水厚, 松井一郎, 鵜野伊津志, 荒生公雄, 陳岩 (2002) 連続運転偏光ライダーネットワークによる黄砂の動態把握. 地球環境, 7 (2), 197-207.*

杉本伸夫, 松井一郎, 清水厚, 陳岩 (2002) ライダーネットワークによる黄砂の立体分布の計測. 環境と測定技術, 29 (8), 18-23.*

[2001] [<][^][>]
中根英昭 (2001) 環境問題における大気化学. 天気, 49 (1), 23-28.

[2000] [<][^][>]
杉本伸夫 (2000) アクティブセンサーで地球大気環境をモニターする. 光学, 29 (1), 8‐14.*

浅井和弘, 玉虫功郎, 松井一郎, 杉本伸夫 (2000) 海洋地球研究船「みらい」搭載ライダーによる南太平洋域の雲・エアロゾル観測. 光技術コンタクト, 38 (8), 35‐41.*

中根英昭 (2000) オゾン層の現状と見通し. かんきょう, 25 (9), 4‐5.

[1999] [<][^][>]
杉本伸夫 (1999) レーザによる大気情報計測技術の展望. 電気情報通信学会誌, 82 (8), 810‐814.*

杉本伸夫 (1999) レーザレーダによるジャカルタの大気環境の観測. オプトニューズ, 112 (4), 13‐19.*

杉本伸夫 (1999) 光能動リモートセンシングによる地球大気環境計測. 空気清浄, 37 (1), 19‐25.*

杉本伸夫 (1999) 差分吸収法ライダー. 気象研究ノート, (194), 131‐135.

杉本伸夫 (1999) レーザーレーダー(ライダー)による大気環境計測. 光技術コンタクト, 37 (2), 122‐130.*

笹野泰弘 (1999) ミーライダー. 気象研究ノート, (194), 123‐130.

[1998] [<][^][>]
杉本伸夫 (1998) ジャカルタの大気環境のレーザレーダ観測. オプトニューズ, 107 (5), 27‐28.*

杉本伸夫 (1998) 光リモートセンシングによる地球大気環境の可視化. Optronics, (201), 137‐142.*

湊淳, 杉本伸夫 (1998) 遺伝的アルゴリズムを用いた人工衛星搭載レトロリフレクタの光学的設計. 電子情報通信学会論文誌, J81-C-1 (6), 332‐338.*

小林隆久, 笹野泰弘, 増田一彦, 村治能孝 (1998) スペースライダーの観測における多重散乱の影響. 日本リモートセンシング学会誌, 18 (1), 2‐11.*

中根英昭 (1998) 成層圏オゾン及びオゾン層破壊関連物質の観測. エネルギー・資源, 19 (2) 128-133.*

[1997] [<][^][>]
杉本伸夫 (1997) RISを用いた地上衛星間レーザー長光路吸収実験. 日本リモートセンシング学会誌, 17 (5), 108‐113.*

權成願, 岩坂泰信, 柴田隆, 中根英昭 (1997) ライダ観測に基づく春の大気エアロゾルの特性に関する研究:エアロゾルの類別のための統計的解析法の応用. エアロゾル研究, 12 (3), 209‐219.

[1996] [<][^][>]
斉藤保典, 山村祐司, 松井一郎, 杉本伸夫, 野村彰夫, 鹿野哲生 (1996) 低層大気観測用車載型ライダーの開発と盆地における動作試験. 天気, 43 (12), 37‐43.

中根英昭 (1996) オゾン層減少に関する研究-北半球の極渦とオゾン層破壊-. 資源環境対策, 32 (16), 15‐17.

鵜野伊津志、大原利眞、若松伸司、松井一郎 (1996) 近畿地方の局地循環シミュレーションと評価、天気, 43 (5), 21-35.

[1995] [<][^][>]
杉本伸夫 (1995) 第17回国際レーザーレーダー会議. レーザー研究, 23 (2), 188‐195.*

松井一郎 (1995) レーザーレーダーを用いた大気環境の計測. 光技術コンタクト, 33 (6) 10-17.* [1994] [<][^][>]
杉本伸夫 (1994) 地上衛星間レーザー長光路吸収測定用リトロリフレクター(RIS). 日本リモートセンシング学会誌, 13, 376‐380.*

杉本伸夫, 竹内延夫 (1994) レーザーレーダーによる大気計測-計測手法とその応用-. 応用物理, 63 (5), 444‐454.*

杉本伸夫 (1994) レーザーレーダー. ぶんせき, 5, 342-349.*

中根英昭 (1994) オゾン層モニタリング. 地球環境ハンドブック(不破敬一郎編著,朝倉書店,634p.), 566‐569.

中根英昭 (1994) 南極オゾンホールと不均一反応によるオゾン層破壊. 地球環境ハンドブック(不破敬一郎編著,朝倉書店,634p.), 172‐175.

中根英昭 (1994) オゾン層破壊のメカニズム. 地球環境ハンドブック(不破敬一郎編著,朝倉書店,634p.), 170‐172.

中根英昭 (1994) 成層圏オゾン層とその現状. 地球環境ハンドブック(不破敬一郎編著,朝倉書店,634p.), 165‐170.

中根英昭 (1994) オゾン層について. 電子情報通信学会技術研究報告, 25‐29.

[1993] [<][^][>]
杉本伸夫, 中根英昭 (1993) レーザーレーダーによる成層圏オゾン層の観測. 環境と測定技術, 20 (11), 6‐13.*

杉本伸夫 (1993) 国際会議報告「OWLS II」. O plus E, (158), 61‐63.*

中根英昭 (1993) 地上からオゾン層破壊を探る. グローバルネット, (32), 26‐27.

[1992] [<][^][>]
杉本伸夫 (1992) レーザーを用いた大気の遠隔計測. グローバルネット, 30‐31.

杉本伸夫, 松井一郎 (1992) 大気境界層の観測を目的とする目に安全なライダーの設計. 光学, 21, 346‐349.*

杉本伸夫 (1992) リモートセンシング II.レーザー遠隔計測. 天気, 39 (3), 169‐173.*

湊淳, 杉本伸夫, 笹野泰弘 (1992) 赤外レーザー長光路吸収システムによる野外光路の大気微量分子濃度測定. レーザ研究, 20 (10), 25‐31.*

湊淳 (1992) 長光路吸収法による大気微量分子濃度測定における誤差の考察. 分光研究 41 (3), 174-179.*

中根英昭 (1992) オゾン層の変化を探る光学技術. 日本機械学会誌, 95 (889), 17‐20.

[1991] [<][^][>]
杉本伸夫 (1991) レーザーレーダー(ライダー)による大気の計測. レーザー研究, 19 (8), 51‐60.*

松井一郎, 笹野泰弘 (1991) レーザーレーダーで観測される都市域の夜間低層大気構造と高濃度大気汚染. 環境科学会誌, 4 (1), 33‐41.*

杉本伸夫, 陳建培, Killinger D. K. (1991) 近赤外固体ヘテロダインライダーの開発に関する最近の研究. レーザー研究, 19 (2), 15‐21.*

湊淳, 杉本伸夫, 笹野泰弘 (1991) 衛星搭載リトロリフレクター(RIS)を用いた大気微量分子の分光測定法. レーザー研究, 19 (12), 37‐47.*

湊淳, 杉本伸夫, 笹野泰弘 (1991) ADEOS搭載リトロリフレクター(RIS)の設計. 日本リモートセンシング学会誌, 11, 225‐234.*

湊淳, 杉本伸夫 (1991) CLEO'91 報告,地球環境光学分野. O plus E, (141), 102‐104.*

西川雅高, 溝口次夫, 笹野泰弘, 金森悟, 金森暢子 (1991) 黄砂エアロゾルの降下量分布-一般環境大気測定局の利用-. 天気, 38 (4), 39‐46.

中根英昭, 林田佐智子, 松井一郎, 杉本伸夫, 湊淳, 笹野泰弘 (1991) レーザーレーダーによる成層圏オゾンと気温の観測. 太陽地球系エネルギー国際共同研究(STEP), 407‐412.

中根英昭 (1991) 成層圏オゾンの測定. ぶんせき, 961‐967.

中根英昭 (1991) オゾン層破壊の推移. 地球環境工学ハンドブック(オーム社,1372p.), 575‐582.

林田佐智子 (1991) 成層圏エアロゾルと地球環境. エアロゾル研究, 6. 137‐142.*

[1990] [<][^][>]
杉本伸夫, 松井一郎, 笹野泰弘 (1990) 低層大気構造観測用ライダーにおける幾何光学的効率と送受信光学系の設計. 光学, 19, 687‐693.*

松井一郎 (1990) ミー散乱レーザーレーダーによる都市域における低層大気構造の連続観測. 光学, 19, 438‐446.*

湊淳, 杉本伸夫, 笹野泰弘 (1990) 赤外ラマンシフターを用いた長光路吸収システムの開発. レーザー研究, 18 (12), 18‐26.*

向井苑生, 竹俣一也, 日下迢, 笹野泰弘 (1990) つくば市上空エーロゾルの光学的厚さ-ライダー測定値とLOWTRAN 6の比較-. 環境科学会誌, 3 (1), 13‐19.*

笹野泰弘 (1990) オゾン層を測る-フロンによるオゾン層の破壊の現状-. ファルマシア, 26 (4), 346‐349.

笹野泰弘 (1990) 第2章 オゾン層の破壊 第5節 今後の方向. 地球規模の環境問題I(中央法規出版,390p.), 92‐93.

笹野泰弘 (1990) 第2章 オゾン層の破壊 第1節 はじめに. 地球規模の環境問題I(中央法規出版,390p.), 36‐43.

笹野泰弘 (1990) 大気質のリモートセンシング技術の新展開. 応用物理, 59 (4), 438‐441.*

中根英昭 (1990) レーザ・レーダによる成層圏オゾンの測定. 化学工学, 54 (2), 114‐115.

[1989] [<][^][>]
笹野泰弘 (1989) 大気汚染研究におけるレーザーレーダー利用の現状. レーザー研究, 17 (4), 81‐90.*

中根英昭 (1989) 国立公害研究所の大型レーザーレーダーシステム. レーザー研究, 17 (4), 100‐101.*

岩坂泰信、笹野泰弘 (1989) 黄砂の輸送とそれが土壌粒子のグローバルな循環に与える影響 - 黄砂のライダー観測 -. レーザー研究, 17 (4), 39‐45.*

竹内延夫、桜井捷海 (1989) 半導体レーザーを光源とする疑似ランダム変調CWライダーによる視程・道路周辺の計測. レーザー研究, 17 (4), 91‐99.*

杉本伸夫, 笹野泰弘, 中根英昭, 林田佐智子, 松井一郎, 湊淳 (1989) 成層圏および対流圏オゾン鉛直分布の測定を目的とする多波長オゾンレーザーレーダーの製作. 応用物理, 59 (9), 99‐111.*

林田佐智子, 杉本伸夫, 笹野泰弘, 清水浩 (1989) 差分吸収レーザーレーダーを用いた宇宙からのオゾン観測の可能性について. 天気, 36, 439‐448.*

笹野泰弘 (1989) オゾン層を守るために-必要となった対策再検討-. オゾン層を守る(日本放送出版協会,224p.), 200‐210.

中根英昭 (1989) フロンガスとオゾン層の破壊 オゾン層を測る. オゾン層を守る(日本放送出版協会,224p.), 116‐129.

中根英昭 (1989) レーザレーダによるオゾン層の変化の測定. オプトロニクス, (5), 87‐92.

中根英昭 (1989) オゾン層の可視化. 流れの可視化, 9 (33), 15‐19.*

中根英昭 (1989) オゾン層の変化を探る光学技術-オゾンホールに関連して-. 光学, 18 (2), 56‐60.

笹野泰弘 (1989) 環境計測のためのレーザーレーダー等遠隔計測技術の開発動向と成果. 公害と対策, 25 (5), 24‐30.

森征洋, 津田敏隆, 中根英昭, 堀口光章, 増田悦久, 竹久正人 (1989) シンポジウム下部対流圏のプロファイリング:Needs and Technologies"報告". 天気, 36, 553‐558.

[1988] [<][^][>]
松井一郎, 清水浩, 杉本伸夫, 笹野泰弘, 浅井和弘 (1988) パルス半導体レーザーレーダーによる沿道における高濃度粉塵鉛直分布の観測. 応用物理, 57 (3), 407‐413.*

杉本伸夫 (1988) 紫外線レーザ光でオゾン層を見守る. オプトニューズ, (3), 23‐25.

杉本伸夫 (1988) 対流圏および成層圏のオゾン濃度の鉛直分布の観測を目的とする国立公害研究所多波長オゾンレーザーレーダー. 日本リモートセンシング学会誌, 8 (1), 67‐68.*

野口和夫, 杉本伸夫, 清水浩 (1988) 原子フィルターを用いた高分解能レーザーレーダーによるミー/レイリー散乱比の測定手法の開発. 応用物理, 57, 1236‐1241.*

野口和夫, 杉本伸夫, 清水浩 (1988) 高分解能レーザーレーダー用原子フィルターの透過特性. 応用物理, 57 (5), 792‐795.*

笹野泰弘 (1988) レーザーレーダー. 「光科学研究の最前線」編集委員会編, 光科学研究の最前線, 強光子場科学研究懇談会, 152-153.

笹野泰弘, 林田佐智子, 竹内延夫 (1988) 国公研大型レーザーレーダーによる対流圏エアロゾル層の観測. 黄砂粒子の大気中での振舞:粒子の輸送と化学, 16‐56.

笹野泰弘, 林田佐智子 (1988) レーザーレーダーによる黄砂の観測. エアロゾル中の炭素成分等の分析に関する調査,昭和62年度環境庁委託業務結果報告書, 96‐109.

笹野泰弘 (1988) 黄砂粒子の輸送:レーザーレーダーによる観測. エアロゾル研究, 3 (3), 194‐199.*

上野敏行、竹内延夫、馬場浩司、桜井捷海 (1988) M系列ランダム変調法を用いたレーザーレーダーの応答特性. レーザー研究, 16 (3), 14‐31.*

[1987] [<][^][>]
笹野泰弘, 杉本伸夫, 松井一郎, 清水浩, 竹内延夫, 功刀正行, 溝口次夫 (1987) ミー散乱レーザーレーダーによる自動車排出ガスの拡散の観測. エアロゾル研究, 2, 128‐133.*

杉本伸夫 (1987) 大気中微量成分の観測を目的とする地上衛星間アダマール変換長光路吸収分光計システムの提案. 日本リモートセンシング学会誌, 7 (2), 19‐27.*

杉本伸夫 (1987) 大気中微量分子測定用アダマール変換能動型長光路吸収分光計:室内実験と測定感度の評価. 分光研究, 36 (2), 112‐122.*

杉本伸夫, 松井一郎, 笹野泰弘, 清水浩, 竹内延夫 (1987) 環境濃度NO2測定用差分光吸収レーザーレーダーの設計と制作. レーザー研究, 15, 170‐180.*

飯倉善和, 笹野泰弘, 清水浩 (1987) 成層圏エアロゾルを対象としたレーザーレーダ信号のキャリブレーションと測定誤差の評価. 計測自動制御学会論文集, 23 (1), 16‐20.*

飯倉善和, 笹野泰弘, 清水浩 (1987) レーザーレーダの対象領域の正確な位置決め. 計測自動制御学会論文集, 23 (1), 11‐15.*

笹野泰弘 (1987) ミー散乱ライダーを用いた大気研究-昭和61年度日本気象学会山本賞受賞記念講演-. 天気, 34 (2), 89‐101.

竹内延夫、大島徹也 (1987) FASCODE大気光学モデルによる分光計測法精度の検討. 分光研究, 36 (4), 265‐272.*

竹内裕一、林田佐智子 (1987) オゾン層破壊が植物に及ぼす影響, 環境技術 16 (11), 732‐735.*.

[1986] [<][^][>]
松井一郎, 笹野泰弘, 清水浩, 竹内延夫 (1986) 混合層高度連続観測用簡易型レーザレーダの製作. 電子通信学会論文誌, J69-C, 588‐594.*

杉本伸夫 (1986) 大気中の微量成分の測定を目的としたアダマール変換長光路吸収分光計の検討. 分光研究, 35 (3), 225‐234.*

飯倉善和, 杉本伸夫, 清水浩 (1986) 光電子増倍管に起因するレーザーレーダ測定データの歪みの補正. 計測自動制御学会論文集, 22, 1324‐1329.*

中根英昭, 笹野泰弘 (1986) 砂漠起源エアロゾルの輸送と放射特性. 日本リモートセンシング学会誌, 6, 119‐124.*

林田佐智子 (1986) エルチチョン火山が成層圏エアロゾル層に及ぼした影響. 日本リモートセンシング学会誌, 6, 125‐136.*

[1985] [<][^][>]
松井一郎, 清水浩, 杉本伸夫, 笹野泰弘, 竹内延夫, 丹野延夫, 斎藤典生, 横戸健一 (1985) レーザーレーダーによる降雪雲の観測による降雪開始予測の可能性の検討. 日本リモートセンシング学会誌, 5, 321‐329.*

杉本伸夫, 飯島弘昭, 竹沢賛三 (1985) 偏光分光法によるNO2の2B1-2A1吸収帯の回転構造の解析. 分光研究, 34 (5), 294‐305.*

斎藤典生, 丹野直弘, 高橋良男, 横戸健一, 清水浩, 杉本伸夫, 松井一郎, 笹野泰弘 (1985) 偏光解消度測定用レーザーレーダーによる降雪雲の観測. 応用物理, 54 (9), 952‐958.*

野口和夫, 清水浩, Chao-Yao She (1985) 高分解能レーザーレーダーにより気温測定を行うための最適設計条件. 応用物理, 54 (9), 972‐987.*

清水浩 (1985) 最近のレーザーレーダー技術. O plus E, 2, 52-61.*

[1984] [<][^][>]
清水浩, 飯倉善和, 笹野泰弘, 松井一郎 (1984) 遠距離測定用レーザーレーダーによる高精度測定のための誤差の解析とその低減法. 日本リモートセンシング学会誌, 4, 233‐244.*

中根英昭 (1984) Conference report:レーザーレーダー国際会議. O plus E, 60, 42‐46.

[1983] [<][^][>]
杉本伸夫 (1983) 「差分吸収レーザーレーダー」-汚染気体の濃度分布の遠隔測定. 分光研究, 32 (4), 265‐267.*

竹内延夫, 清水浩, 杉本伸夫 (1983) レーザーレーダーによる大気状態の測定. 応用物理, 52, 644‐656.*

竹内延夫, 杉本伸夫, 桜井捷海, 馬場浩司, 上野敏行 (1983) 大気汚染計測用擬似ランダム変調CWライダー. レーザー研究, 11, 763‐771.*

植田洋匡, 笹野泰弘 (1983) レーザーレーダーで観測された大気混合層の構造. 文部省「乱流現象の解明と制御」研究成果報告書, 2, 11‐14.

笹野泰弘, 松井一郎, 清水浩, 竹内延夫 (1983) レーザーレーダーによる混合層高度の連続自動観測. 大気汚染学会誌, 18 (2), 175‐183.*

[1982] [<][^][>]
杉本伸夫, 竹内延夫 (1982) 大気汚染計測-レーザーセンサーによる遠隔計測-. ぶんせき, 11, 834‐841.*

[1981] [<][^][>]
杉本伸夫, 竹内延夫, 奥田典夫 (1981) 差分吸収レーザーレーダーによる排煙流中のNO2濃度分布の測定. 応用物理, 50 (9), 27‐32.*

清水浩, 竹内延夫, 笹野泰弘, 杉本伸夫, 松井一郎, 奥田典夫 (1981) 広域大気汚染観測用レーザーレーダーの設計と製作. 応用物理, 50, 1154‐1164.*

清水浩, 飯倉善和, 笹野泰弘, 竹内延夫 (1981) ディザ信号の重畳によるA-D変換器分解能の改善法. 電子通信学会論文誌, J64-A, 963‐969.*

清水浩, 笹野泰弘, 安岡善文, 松戸修, 竹内延夫, 奥田典夫 (1981) コンピューターによるレーザーレーダーデータの画像表示法. 電子通信学会論文誌, J64-C (4), 242‐249.*

清水浩, 笹野泰弘, 安岡善文, 植田洋匡, 竹内延夫, 奥田典夫 (1981) レーザーレーダーを用いた空間相関法による風向. 風速の遠隔的測定. 応用物理, 50, 616‐620.*

竹内延夫 (1981) レーザーレーダーで大気を探る. 化学の領域, 35, 435-440.*

[1980] [<][^][>]
[1979] [<][^][>]
飯倉善和, 清水浩 (1979) ディザー信号を用いたA-D変換器分解能の改善に関する一考察. 電子通信学会論文誌, J62-A, 915‐917.*

[1978] [<][^][>]

国立環境研究所の出版物については[こちら]
英文の論文のリストは [こちら]
[To Home]